ボトックスで憧れの小顔になろう【治療方法をチェック】

女の人
  1. ホーム
  2. 理想の効果を狙う

理想の効果を狙う

婦人

近年、整形に対するイメージが段々と良くなっていき、プチ整形を受ける女性の数が多くなってきています。そんな女性達に人気なのが、ボトックス注射です。そもそもボトックスとは、筋肉を萎縮させる毒素のことです。それを皮膚に注入することで、さまざまな効果が得られるのです。その効果とはどういったものでしょうか。まず、顔のえら部分の筋肉にボトックスを注入することで、発達したエラの筋肉を萎縮させて小顔にすることが可能です。このボトックスを注入する小顔施術は行なってすぐに効果があらわれるわけではなく、効果を実感するまでに1ヵ月ほどかかります。また、徐々に小顔になっていくので、整形をしたように周りに感じさせないのが特徴です。効果が薄れていくときも徐々に変化していくので、効果が薄れてきたと感じたときにまた注射を打つことで効果を持続させられます。また、ボトックス注射をしたためにあごの力が弱まり食事がままならない状態になることもありません。ただ、注意しないといけないことがあります。それは、ボトックス注射を打っても小顔効果が見られない人がいることです。そういった人達はあごの筋肉ではなく骨格に問題があるので、別の方法でないと小顔になれません。そういったことは事前に医師と行なうカウンセリングでしっかりと自分の要望を伝えるのが大切です。

ボトックスを注入する小顔施術を受けると、あごの筋肉の働きが弱くなっていきます。そのため、ボトックス注射をしてからしばらく経つと、徐々にえらのところにある筋肉が萎縮していきシャープな顔立ちになります。ですが、そうなると比例して口周辺の筋力が低下していくので、段々と硬い食べ物が食べにくくなっていきます。無理に硬いものを食べていると、あごが痺れているような鈍い感覚が長い時間残ってしまいます。また、ずっと硬いものを食べていると徐々にえら部分の筋肉が発達していくので、折角受けたボトックス治療が台無しになってしまいます。

ほかにも、ボトックスにはさまざまな治療ができます。注射なので簡単に施術ができ、患者のニーズに合わせて治療を行なえる点が特徴です。脚痩せや、若返り対策など、希望する施術によって、最適な量を必要箇所に注入していきます。脚でも顔でも筋肉に作用していきますので、がっちりとした筋肉質タイプで太って見えて困る患者にはとても利用価値の高い施術になるでしょう。筋肉が目立ちやすいふくらはぎ部分などは、特に効果が大きく見えてきます。ふくらはぎは肉が落ちにくくダイエットが難しいといわれている部位ですが、ボトックス治療であれば比較的スムーズにスッキリとさせることが期待できます。